薬剤師になるために前職の退職理由を考えて就活

薬剤師,前職,退職理由,就活

薬剤師になるためには、専門的な知識を必要とされます。薬学部を卒業して、国家資格を取得する必要があるからです。一般的には、6年間の勉強が必要です。それほど、豊富な知識が必要な仕事になってきます。 しかし、薬学部を卒業した人でもまっすぐに薬剤師になるわけではありません。ほかの仕事に就職をする人もいます。その場合には、前職を退職してもう一度就活をする人もいるでしょう。面接では前職の退職理由を聞かれることは多いです。その場合には、国家資格を活かせる仕事をどうしても行いたかったので、この道に進むことにしたといった理由が妥当でしょう。 薬剤師は、専門性が高く、需要よりも働き手が少ないのが現状です。そのため、ほかの仕事よりも給料がいいです。患者さんの役に立つことができる仕事でもあります。正社員として募集をしているところもありますが、パートやアルバイトとして募集をしているところもあります。 パートやアルバイトの場合には、短時間で多くの給料を稼ぐことができるので、ダブルワークをする人も多いです。場所によっては、実務経験がなくても採用をしてくれるところがあります。実務経験がなくて、自信がない人はこういった場所を選択しましょう。 151

薬剤師が転職する時に好印象を与える前職の退職理由

薬剤師,前職,退職理由,就活

薬剤師が転職を考えた時、当然、新しい職場を探して面接を受けることがほとんどです。 この際に、採用担当者が気になるのはなぜ前職を退職しようと思ったのかという理由です。 そのため、転職者に対して面接でも当然聞かれることが多い質問となっていますし、企業に送る履歴書などに前職の退職理由を記入する必要があることもあります。 この時、いかにして好印象を与えることができるかは採用の合否にかかわってくることですので注意が必要です。 では、薬剤師が転職を考えた時に、好印象を与えることができる退職理由とはどのようなものなのでしょう。 まず大切なことはネガティブな情報を出さないということです。 転職をするからには、当然、何らかの不満があったとは思いますが、それを前面に押し出してしまうと内容によっては採用担当者にマイナスな印象を与えてしまい敬遠されることに繋がってます。 例えば、残業が多すぎたというような理由の場合、新しい職場でも残業が続くとやめてしまうのではないかと思われてしまいかねないのです。 このようなことから、実際に転職を決めた理由がどういったものであれ、できるだけ前向きな姿勢をアピールするような内容にすることが重要といえます。 ですから、前述したように残業が多いことが理由であれば、残業によって薬剤師として自分のスキルアップをするための勉強ができなくなった、というように積極的にスキルを伸ばそうという向上心をアピールするような方向にもっていくなど工夫することが大切です。 152